「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

みなさんもご存知かと思いますが、先日、ブラジルのプロサッカーチームである「シャペコエンセ」の選手達が乗った飛行機が墜落してしまうという悲劇が起こりました。

残念ながら、ほとんどの方が亡くなられるという痛ましい事故でした。

日本でも活躍した、元Jリーガーや監督も含まれており、私達の国でも衝撃を持って伝えられました。

亡くなった方達の家族はもちろんのこと、「シャペコエンセ」のサポーター、世界中のサッカーファンが深い悲しみに包まれました。

私も毎週海外サッカーを見るほどのサッカー好きなので、1つのチームの選手達のほとんどが亡くなってしまうということに衝撃と悲しみを感じた1人ですが、私がこの出来事について書こうと思ったのは、あるサッカー選手の言葉があったからです。

それはイングランドのプロサッカーチーム「アーセナル」に所属するブラジル人プレーヤー、ガブリエウ・パウリスタ選手の言葉です。

ガブリエウ選手はアーセナルでの試合前、「シャペコエンセ」の事故への黙祷の時に1人涙を流し、試合後のインタビューでも涙ながらにこのようなメッセージを送りました。

『何かを思い立ったらすぐに行動しよう。明日は誰にもわからない』と。

ガブリエウ選手は以前、自身の兄弟を亡くした経験があり、今回事故に遭われた「シャペコエンセ」の残された家族の人達の気持ちが痛いほどわかり、涙がとめられなかったんだと思います。

また今回の事故に遭った「シャペコエンセ」の関係者の中には、ガブリエウ選手が昔お世話になったコーチ、スタッフがおり、選手の中には友人もいたそうです。
事件の数日前には、ガブリエウ選手自身の誕生日だったのですが、その時に、昔お世話になった「シャペコエンセ」の監督であるカイオ・ジュニオール氏と電話をしようと思ったそうですが、結局この日は電話をしませんでした。
そして数日後、飛行機事故が起こってしまいます。

ガブリエウ選手のメッセージには、後悔や悲しみ、教訓、たくさんの思いが込められています。

私は事故のニュースを知った時、正直、ガブリエウ選手のように深くこの事故から何かを感じとることができていませんでした。

私は、ガブリエウ選手のように、家族や友人がこのような悲劇に見舞われた経験がありません。飛行機事故を知った時も、毎日世界で起こる様々な悲しいニュースの中の1つという認識で、「大変なことがおこった」「何て悲しい事故なんだ」とは思いましたが、次々に起こる毎日の様々な出来事に次第に埋もれていってしまったと思います。

ただ今回は、ガブリエウ選手のメッセージを聞いてこのように思いました。

「自分はガブリエウ選手ほど深くは『何かを思い立ったらすぐに行動しよう。明日は誰にもわからない』と思うことはできないかもしれない。でもガブリエル選手のメッセージは、心から悲しみ、痛みを感じた人の言葉だから、とても大切なことじゃないのか?この言葉を自分の人生に当てはめて考えなければならない」と。

今日このブログを書いているのも、じつはこの言葉のおかげです。この言葉がなければ、「また明日やればいっか」といつものようにブログの更新を怠けてしまうところでした。

「ブログの更新みたいな些細なことじゃなく、もっと大事なことでガブリエウ選手の言葉を生かせよ!」と思った方もおられると思いますが、「めんどくさがりの心」がいつも勝ってしまう自分の心の弱さを考えると、とても大きな一歩になったと感じています。

それに、ブログの更新みたいな些細なことでも、少しずつこの言葉を実践していければ、何かもっと大事な場面でも、きっとこの言葉を思い出し、強い心で物事に向き合うことができるようになると思うんです!

 

今回の飛行機事故ではたくさんの方が亡くなられています。

残された家族の方や「シャペコエンセ」を応援していたサポーター達のことを考えると、なんとも言えない、やるせない気持ちになります。私達にできることと言えば、喪に服すことぐらいしかないのかなと思っていました。

でもガブリエウ選手のメッセージを聞いた後、私はこうも思いました。

「亡くなられたシャペコエンセの方達のことを思い、悲しむことはとても大切なこと。それと同じくらい大切なことが、私達がその悲劇に向き合い、何かを感じることじゃないのか?」と。

ガブリエウ選手が『何かを思い立ったらすぐに行動しよう。明日は誰にもわからない』とメッセージを送ったように、つらい出来事にも正面から向き合い、何かを感じ教訓にしていく。感じたことを自分の人生に生かし、また、周りの人達にそれを伝えること。

私のように悲劇から何かを感じ取ることが難しくても、ガブリエル選手のように何かを感じた人の声に、私達が耳を傾けることが少しでもできたなら、事故にあわれた「シャペコエンセ」の方達の「命」を生かしていく彼らの「命」に対する敬意の1つになるんじゃないのかなと思いました。

これからの私の人生で何かを思い立ったらすぐに行動しよう。明日は誰にもわからない』というメッセージに「力」をいただくことがたくさんあると思います。

そんな時に、「シャペコエンセ」の方達の命に(もちろんガブリエウ選手にも)「ありがとうございます。」と感謝することが、私なりの敬意の表し方になるのかなと感じました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

最近のコメント