「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

2018年 2月

マイナス思考で悩んでいる人、プラス思考が続かない人へ(体験編)

前回はマイナス思考の原因やプラス思考になるためにはどうすればいいのか?ということについて「知識」をつけていただきました。 マイナス思考の人というのはマイナスの環境に「心」をおいているのでマイナスに物事を考えてしまいます。 プラス思考の人というのはプラスの環境に「心」をおいているのでプラス…

大河ドラマ 西郷どん第8話 「想い」のすごさ、大切さ(感想) 

西郷どん8話の感想です! 今回の話では色々な人たちの「想い」を受け、吉之助が斉彬のお供として江戸に行けることになりました。 貧しい西郷家では、江戸にお供するための「お金」がありませんでした。江戸に行くこうとすると、ただでさえお金に困っているのに、さらに家族みんなに迷惑をかけてしまいます。…

大河ドラマ 西郷どん 第7話 「親孝しとけばよかった」と後悔しないように(感想)

自分はあまり歴史に詳しくないので、今回の第7話はまさかの展開でした。 第6話の予告で「吉之助」の母親が亡くなることは感じていましたが、まさか祖父と父まで立て続けに亡くなってしまうとは。 家族を短期間に3人も失うなんて想像もできないほど辛い出来事だと思います。 親や家族はいて当たり前…

大河ドラマ 西郷どん 第6話 「願い」を持つことの意味(感想)

今回は切ない話でした。ジョン万次郎の登場も印象に残りましたが、やっぱり1番の見所は「いと」の嫁入り。 この時代の結婚というのは「家」と「家」との関係を考えて「結婚」をしなければいけない時代でした。 自分の「想い」は二の次で、お家のために結婚をしなければいけない。このような考えが当たり前でした…

大河ドラマ 西郷どん 第5話 頑固で空気が読めなくても(感想)

西郷どん第5話は前回第4話とは真逆といいますか、ほんわかした展開でゆったり見ることのできたお話でした。 特に吉之助が斉彬に相撲で勝ってしまった場面なんかは、どの時代にも空気の読めない人っているんだなぁ。と感じる場面でした(笑) 相撲の場面では空気の読めなさ、どんなことでもマジメに真剣に取…

ブログランキング

最近のコメント