「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

2018年 8月

大河ドラマ 「西郷どん」第32話 薩長同盟から学ぶべきこと(感想)

今回の「西郷どん」第32話は涙なしでは、見ることができませんでした。 薩長同盟は、「薩摩を憎む長州の人たちの気持ち。」「長州を憎む薩摩の人たちの気持ち。」、多くの人たちの苦しみ、憎しみ、怒り。そういった負の感情を超越したところで成り立った偉大な同盟だったんですね。 今回の「西郷どん」を見てい…

大河ドラマ 「西郷どん」第30話、31話 あきらめずに行動できる人達(感想)

今回は「西郷どん」第30話と31話を見た感想を書かせていただこうと思います!(30話を土曜日の再放送で見たため2話まとめて 笑) 30話では「岩倉具視」が、31話では「坂本龍馬」が話のキーパーソンとなっていました。 岩倉具視は公家のわりに、お金に汚く、夜には博打まで開くような少し変わった…

大河ドラマ 「西郷どん」第29話 「心」を感じるプロポーズ(感想)

今回の「西郷どん第29話」を語るうえで欠かせないのが「プロポーズ」! (あと久光様の顔芸も 笑) 吉之助の誠実さはもちろん、糸の切ない思いや誠実な対応にも心を打たれる、そんな今回の「西郷どん」だったと思います。 吉之助は前回の長州藩を説得した活躍が認められ、薩摩藩の顔と言われるほどの男にな…

大河ドラマ 「西郷どん」第28話 敬意を払ってもらえる人(感想)

今回の「西郷どん第28話」では、吉之助の策が功を奏し、長州藩に戦わずして勝つことができました。 一橋慶喜は長州藩を潰そうと考えていましたが、吉之助は何とか戦をせずに勝とうと采配を振るいます。 吉之助の長州藩に対する「心」が、民を苦しめることなく「戦わずして勝つ」ということを成し遂げることがで…

ブログランキング

最近のコメント