「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

あなたにとっての「神様」は?

みなさま、明けましておめでとうございます!
数少ないこのブログの読者のみなさま、どうぞ今年もよろしくお願い致します!(笑)

今年初ということで何を書こうかなと思っていたのですが、やっぱり新年といえば「初詣」、そして「初詣」といえば「神様」ということで、新年最初の今日は「神様」について書いてみようと思います!

みなさまは「神様とは?」と聞かれるとどのようなイメージをお持ちになりますか?

一般的には神様とは「全知全能」といったイメージや、「願いを聞いてくれる」というイメージを持たれているかたも多いかと思います。

初詣では神様に願い事をするのが一般的ですし、実際に「無病息災」「商売繁盛」などのご利益を売りにしている神社はたくさんあります。

私も小さいころから初詣には毎年行っていますし、そこでは必ず神様に願い事をしていました。

「願い事をしていました。」と過去形で書いたのは、じつは今は願い事をあまりしなくなったからです。
というより、願い事の仕方が変わったと言ったほうがいいのかもしれません。

なぜなら今の私にとって「神様」とは、ただ単に願い事を叶えてくれるような存在ではなくなったからです。

 

私が小さいころは、私にとって「神様」とは自分の願いを叶えてくれるような、自分にとって都合のいいこと聞いてくれるような存在でした。
(大変失礼な物言いですが)

もちろん初詣に行っても、私は願い事ばかりしていました(笑)
「お金持ちになりたい!」だとか、「人生がうまくいきますように!」だとか、「家族が健康でいられますように!」だとか。

とにかく神様にはなんでもお願いしておこうというスタンスで神社にお参りに行っていました(笑)

でも大人になったある時、ふと思ったんですね。

「自分に都合のいいことばかり聞いてくれる神様って神様じゃなくねぇ?」と。

別に神社で願い事をするのを否定しているわけではないですよ。
でももし「神様」という存在が本当に自分のことを考えてくれる存在だとしたら、自分に都合のいいことばかりを聞いてくれる存在ではなく、自分に対して厳しいことをを言ってくれる存在であり、そう簡単にお金持ちにしてくれたり、悩みを解決してくれたりするような存在ではないと思ったんですね。

例えばですが、親が子供になんでも欲しいものを買ってあげたり、子供の望み通りになんでもかんでも手をかしてあげたり、甘やかしてばかりいるとどうなってしまうでしょうか?

それはその子供の成長にとって良いことではありませんよね?
その場では子供は喜んでくれるしこちらも満足でしょうが、子供の将来を考えると「努力」や「苦労」という経験させてあげることも時には必要ですよね。

「愛情」という言葉は難しい言葉で、その場では「愛情」をかけているつもりでも、じつはその「愛情」が子供にとっては全然「愛情」になっていなかった。というような話はよく聞くことです。

芸能人の子供が甘やかされて育てられたことで、グレたり逮捕されたりということがあるように、お金に不自由しないで経済的に贅沢な暮らしをさせてあげることが子供の成長にとっていいことであるとは限りませんよね。

そう考えると「神様」というのは願い事をなんでもかんでも叶えてくれるような存在ではないと思うんですよ。

自分の都合のいいことばかりを聞いてくれる存在ではなく、自分の成長を考えてくれる存在。
「努力」もなしに簡単に願いを叶えてくれたり、「苦労」もしないで簡単にお金持ちにしてくれるような存在ではなく、「努力」をすればどなるのか。「苦労」を経験することでどうなるのか。いいことをすればどうなるのか。悪いことをすればどうなるのか。

そういったことを人生をとおして色々経験させてくれ、自分自身に向き合い考える機会を与えてくれる人。自分に向き合い成長する機会を与えてくれる人こそ神様なんじゃないかな。と。
(神様は人ではありませんが 笑)

もし「神様」という存在が本当にいるとしたら、自分にとっての「神様」とは、そんな本当の意味での「深い愛情」を持った存在だと思っています。

逆に神様がなんの「努力」や「苦労」もしないで幸せを与えてくれる存在であったり(「このツボを買えば幸せになれるよ!」と言ったり)、「〜をしなければ地獄に落ちるぞ!」「〜しなければ天国に行けないぞ!」「私の言うことを聞かなければ幸せになれないぞ!」と恐怖を煽ったりするような存在であるなら、それは私にとっては「神様」でもなんでもなく、むしろ「神様」とは逆の存在であるように感じます。
(あくまで私の考えです)

私は「神様」という存在に対して上記のように考えるようになったので、最近は初詣に行っても「お金持ちになりたい!」「宝くじに当たりたい!」と願い事をするのではなく(笑)、「今の自分の目標」を心の中で言うようにしています。

「自分はこの1年〜を頑張るのでお見守りください。」というような感じで。

神様からすると、神社に来るたびに「頑張る!」とか「努力する!」とか威勢のいいことを言っているわりにはなかなか実行に移せないやつだな。と思われていそうですが(笑)、今年こそは口だけにならないように頑張りたいと思います!!
(あと神社に行くときは、いちおう神様に対して感謝の言葉も述べています。あとお賽銭も気持ち多めにおさめています。笑)

 

今日は「神様」について書いてみました。

様々な考え方はあるかと思いますが、私にとっての「神様」とは時に厳しく時に優しく見守ってくれる、そんな大きな「愛情」を持って私たちの成長を願ってくれている存在です。

みなさまにとって「神様」とはどんな存在でしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

最近のコメント