「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

大河ドラマ

大河ドラマ 西郷どん 第6話 「願い」を持つことの意味(感想)

今回は切ない話でした。ジョン万次郎の登場も印象に残りましたが、やっぱり1番の見所は「いと」の嫁入り。 この時代の結婚というのは「家」と「家」との関係を考えて「結婚」をしなければいけない時代でした。 自分の「想い」は二の次で、お家のために結婚をしなければいけない。このような考えが当たり前でした…

大河ドラマ 西郷どん 第5話 頑固で空気が読めなくても(感想)

西郷どん第5話は前回第4話とは真逆といいますか、ほんわかした展開でゆったり見ることのできたお話でした。 特に吉之助が斉彬に相撲で勝ってしまった場面なんかは、どの時代にも空気の読めない人っているんだなぁ。と感じる場面でした(笑) 相撲の場面では空気の読めなさ、どんなことでもマジメに真剣に取…

大河ドラマ 西郷どん第4話 人の声を聞ける「心」(感想)

第4話の感想です。いや〜、胸が熱くなりましたね! 吉之助たちの敬愛する赤山先生の「死」。その「死」によって怒り、悲しむ弟子達。そして赤山先生の「死」、吉之助の声、薩摩の民のことを思い「覚悟」を決めた斉彬(なりあきら)。多くの人達の「心」が激しく動く第4話でした。 人の「心」というものはじ…

大河ドラマ 西郷どん第3話 「子どもは国の宝」だと感じられるように(感想)

第3話 感想です! 話の流れ的には今回は次回第4話へのつなぎみたいな感じだったので、正直、私個人としましては、内容的には1話2話ほどの心に響くような場面はなかったような気がしております。 (正直に言うと「西郷どん」のあとに21時からNHKで放送された義足のダンサーの話のほうがかなり心に響きま…

大河ドラマ 西郷どん第2話 目の前の出来事だけが全てじゃない(感想)

いや〜、よかった!(悲しい話でしたが) 第1話に続き、2話も面白かったなぁ。まぁ泣きながら見ていましたが(笑) このブログでは個人的に心に響いた場面について書いていこうと思っていますので、今回もさっそく。 西郷どん第2話ではいきなり元服し、「小吉」は「吉之助」と名乗る立派な大人にな…

大河ドラマ 西郷どん第1話 心に響いた場面(感想)

2018年の大河ドラマ、「西郷どん(せごどん)」がはじまりましたね! 大河ドラマは一昨年の「真田丸」、昨年の「直虎」と大変楽しませていただけたので、今年の「西郷どん」もすごく楽しみにしていました。 個人的には第1話を見た感じでは、次回が待ち遠しくなる、1年を通して楽しめそうな予感がしまし…

ブログランキング

最近のコメント