「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

西郷どん

大河ドラマ 西郷どん 第6話 「願い」を持つことの意味(感想)

今回は切ない話でした。ジョン万次郎の登場も印象に残りましたが、やっぱり1番の見所は「いと」の嫁入り。 この時代の結婚というのは「家」と「家」との関係を考えて「結婚」をしなければいけない時代でした。 自分の「想い」は二の次で、お家のために結婚をしなければいけない。このような考えが当たり前でした…

大河ドラマ 西郷どん 第5話 頑固で空気が読めなくても(感想)

西郷どん第5話は前回第4話とは真逆といいますか、ほんわかした展開でゆったり見ることのできたお話でした。 特に吉之助が斉彬に相撲で勝ってしまった場面なんかは、どの時代にも空気の読めない人っているんだなぁ。と感じる場面でした(笑) 相撲の場面では空気の読めなさ、どんなことでもマジメに真剣に取…

大河ドラマ 西郷どん第3話 「子どもは国の宝」だと感じられるように(感想)

第3話 感想です! 話の流れ的には今回は次回第4話へのつなぎみたいな感じだったので、正直、私個人としましては、内容的には1話2話ほどの心に響くような場面はなかったような気がしております。 (正直に言うと「西郷どん」のあとに21時からNHKで放送された義足のダンサーの話のほうがかなり心に響きま…

ブログランキング

最近のコメント