「心で考える」。1番大切で、1番難しいこと。

心で学んだこと

「諦める」のではなく「受け入れる」ことができるように

みなさんは「諦める」と「受け入れる」の違いについて、考えたことはありますか? 「諦める」と「受け入れる」という言葉は、どちらも同じような意味だと感じる方もいらっしゃるかと思います。例えば、「プロ野球選手になることを諦める」と「プロ野球選手になれないことを受け入れる」だと、どうでしょうか? …

「失敗」を活かすスペシャリストになろう

世の中には物事を「成功」へ導くための方法が多くの人によって語られていますが、その中で誰もが1度は聞いたことがあるであろう有名な言葉(ことわざ)があります。 「失敗は成功のもと」 「失敗は成功の母」 また 「ピンチはチャンス」 という言葉も同じような意味として扱われる…

人の心を変える方法

今回のテーマは前回の続きで、自分の意見をなかなか聞き入れてくれない人に(相性の悪い人や価値観の違う人などに)、自分の意見を聞き入れてもらう方法です。 前回書かせていただいたように、相手の心を変えたければ、まずは自分自身の心を変えることが重要です。 人の心を変えるには、自分自身の心が変わる…

相手を変えるためにはまずは自分から

家族や学校、社会での人間関係など、どのような場面でも上手に人間関係を築くことができれば理想ですが、全ての場面でうまく人間関係を築くことはなかな難しいものですよね。 とくに自分とは相性や価値観の合わない人、自分の考えを理解してくれない人との関係というのは、誰もが1度は悩んだことがあるかと思います…

無難が小難に、小難が大難になってしまう時(自然災害編)

以前「大難を小難に、小難を無難にするために」という記事を書かせていただいたのですが、そこでは 大難を小難にするためには、困難に向き合う時の自分の「心」が変わることが大切だ。 大難を小難にするためには、困難に対して正面から向き合い考え、何かを感じること(学んだり、反省したりすること)が大切…

大難を小難に、小難を無難にするために

みなさんは「大難を小難に、小難を無難に」という言葉について考えたことはありますか? (自然災害が「大難」になってしまう理由はこちらの記事で) 私は神社に行くと「おみくじ」を引くのですが、数年に1回のペースで「大難を小難に」という言葉に出会っている気がします。ただその「大難を小難に」という言葉…

「病は気から」という言葉の重要性

みなさんは「病は気から」という言葉を信じていますか? (「病は気から」という言葉は「心」の状態が「体」の状態に影響を与えていることを表す言葉です。) 私は子供の頃から「病は気から」という言葉を何度も言われたことがありますが、正直、この言葉をそれほど大切だと思ったことはありませんでした。 (…

プラス思考になるための練習方法

前回、前々回と2回にわけて、マイナス思考の原因やプラス思考になるために必要なことなどを書かせていただき、実際にプラス思考になる「体験」をしていただきました。 プラス思考になるためには『どんなこにとも前向きに考える練習をしよう』などと言われますが、マイナス思考の人はそもそも「前向きに考える」とい…

マイナス思考で悩んでいる人、プラス思考が続かない人へ(体験編)

前回はマイナス思考の原因やプラス思考になるためにはどうすればいいのか?ということについて「知識」をつけていただきました。 マイナス思考の人というのはマイナスの環境に「心」をおいているので、マイナスに物事を考えてしまいます。 プラス思考の人というのはプラスの環境に「心」をおいているので、プ…

マイナス思考で悩んでいる人、プラス思考が続かない人へ(知識編)

マイナス思考の人というのはなぜ物事をマイナス(ネガティブ)に考えてしまうのでしょうか? 逆にプラス思考の人というのは、なぜ物事をプラス(ポジティブ)に考えることができるのでしょうか? 近年はインターネットという便利なツールがあるので、悩みがあればインターネットを検索することで解決法を見つける…

ブログランキング

最近のコメント